【相葉マナブ】海の幸博のお取り寄せ・通販・まとめ【8月22日】

8月22日の相葉マナブでは、海の幸博で豪華な海鮮を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

三陸海宝漬

岩手県の海の幸です。

三陸産のいくら、めかぶ、アワビを使って作られた、キラキラ輝く宝石箱のような一品。

割烹料理店の味をおうちでも食べられるようにと開発され、年間10万食売れる大人気商品。

 

ふぐの子

ふぐの卵巣をぬか漬けにした伝統の食材です。

約半年、塩漬けしたふぐの卵巣を、魚醤「いしる」でぬか漬けして2年以上熟成した一品。

通常は猛毒があって食べられないふぐの卵巣をいただける珍味。

 

子っこちゃん

「子っこ」とは、青森県で魚卵を意味します。

子っこちゃんは、カラフトししゃもの卵、粒状になった数の子、スルメ、昆布、緑豆春雨をしょうゆ漬けにしたご飯のお供。

プチプチとした食感が楽しく、魚卵の旨味を堪能できます。

スポンサーリンク

りゅうきゅう

りゅうきゅうとは、大分県で食べられている、魚の切り身をしょうゆだれに漬け込んだ一品。

アジやサバ、イワシ、太刀魚、鯛などの切り身を、醤油、みりん、酒、ごま、しょうがで作ったたれに漬け込んで作られます。

 

するめいかの黒作り

富山県の新鮮な活きするめいかを使って作られた墨作りです。

活きするめいかの胴体を皮むきし、食塩とイカの肝臓で発酵させた一品。

やわらかいイカの甘味と旨味が口いっぱいに広がります。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です