【世界一受けたい授業】カオキン体操のやり方「ニパニパ体操・ギュッパー体操・ウーイー体操」まとめ せかじゅ【1月21日】

すぐ実感! 「マイナス10歳」カオキン体操

1月21日の世界一受けたい授業では、奥田逸子さんが登場し、老け顔防止におすすめの1分カオキン体操を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

カオキン体操

コロナ禍でマスクをするようになってから、老け顔になっている人が多くなってしまっています。

不織布マスクは鼻からほほにかけて固定するワイヤーや、頬とマスクの隙間からウイルスの侵入を防ぐために、顔と密着する設計になっており、マスク内の皮膚を動かしづらい状況となっており、顔の筋肉の動きも悪くなってきてしまっています。

また、会話を控えるようと注意もあり、余計に顔の筋肉を動かさなくなり、老け顔が進行してしまっています。

顔にある表情筋を鍛えることで、シワやたるみの解消が期待できるのがカオキン体操です。

 

表情筋の衰えセルフチェック

スマホで3枚自撮りすることで、表情筋の衰えをセルフチェックできる。

 

やり方

blank

1枚目:姿勢よく座る→無表情のまま自撮りする。

 

blank

2枚目:床に仰向けに寝る→真上から無表情のまま自撮りする。

 

blank

3枚目:うつ伏せになる→真下から無表情で自撮りする。

 

blank

1枚目のイスに座った写真は現在の写真。

2枚目の仰向けにの写真は5年前程度の若いころの写真。

3枚目のうつ伏せは5年くらい未来の老け顔写真。

 

1枚目と2枚目を見比べると、どこの表情筋がたるんでいるのかわかり、3枚目は将来の老け顔を確認して、予防すべきところが確認できます。

 

ウーイー体操

blank

広頚筋を鍛えるカオキン体操です。

アゴのたるみを改善できます。

スポンサーリンク

やり方

blank

①背筋を伸ばして口を閉じる。

首は縮こまらないように背筋をまっすぐキープする。

 

blank

②上を向いて口をとがらせ「ウー」と言いながら5秒キープする。

できるだけ下唇を上に突き出すようにして、あご下の広頚筋を鍛える。

 

③顔を元に戻して楽にする。

この時口角はできるだけ上げる。

 

blank

④口を大きく横に広げて「イー」と言いながら5秒キープする。

 

⑤10回繰り返す。

 

シワ消しワンプッシュ体操

blank

おでこのシワ改善が期待できます。

 

やり方

blank

①おでこを両手で押さえる。

 

blank

②この状態で目をつむる。

 

blank

③「パッ」と目を開く。

この時、おでことまゆが動かさないようにする!

 

blank

④瞼だけで目を開けるのを1分間行う。

週に2~3回行えばOK。

 

ニパニパ体操

blank

大頬骨筋を鍛えるカオキン体操です。

ほうれい線の予防に効果的です。

 

やり方

blank

①口を「ニ」と開いてほほを斜め上に持ちあげる。

 

blank

②口を「ニ」の状態で5秒キープする。

 

③「パ」っと力を抜く。

 

④10回繰り返す。

 

ギュッパー体操

blank

眼輪筋を鍛えるカオキン体操です。

 

やり方

blank

①自然な感じでほほ笑む。

 

blank

②力を入れて「ギュッ」と目をつむり、10秒キープする。

 

③「パ」っと目を開けて力を抜く。

 

④10回繰り返す。

スポンサーリンク

リガメントほぐし

たるみがちな脂肪組織を引き締めます。

 

やり方

①頬骨下をこぶしで小刻みにぐるぐると動かす。

硬い頬骨の下にこぶしを当てて、頬骨をグッと上げるイメージで動かして筋肉をほぐす。

 

②こぶしを目の真横に移動して動かし、眼輪筋をほぐす。

 

③目を閉じて目の下を指先で振動させながら軽く押す。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。