【青空レストラン】三年子花らっきょうのお取り寄せ|福井県坂井市【7月10日】

【青空レストラン】三里浜特産農業協同組合 三年子花らっきょ 80g×3袋入

7月10日の青空レストランでは、福井県坂井市の「三年子花らっきょう」を教えてくれました。

 

スポンサーリンク

三年子花らっきょうとは?

三年子花らっきょうは、福井県三里浜の特産物で、明治時代から作られています。

除草剤を使用することができないため、手作業で雑草を除去したりと手間暇がかかる野菜です。

 

通常のらっきょうは、夏に植付けをして、秋に紫の花を付け、春先に分球して6月頃に収穫します。

一方で、三年子花らっきょうは、さらにもう1年土の中で過ごし花を付け、2回目の春にさらに分球して6月頃収穫する栽培法です。

つまり、植え付けから収穫まで3年もかかります。

 

通常のらっきょうなら1球が6~9つに分かれたところを収穫しますが、三年子は、1球が約50個にまで分かれたところで収穫します。

数が多くなることで1粒の大きさは小さくなりますが、らっきょうの巻きの枚数は一緒なので、繊維の厚みが薄くなり、中が詰まることでシャキシャキの歯ごたえが楽しめ、他では味わうことのできないらっきょうに仕上がります。

 

三年子花らっきょうのお取り寄せ

三年子花らっきょうはAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどの通販でお取り寄せできます。

スポンサーリンク

まとめ

ぜひお取り寄せしてみたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です