【男子ごはん】ハントンライスのレシピ|石川県のご当地ご飯【12月12日】

12月12日の男子ごはんでは、ご当地ご飯シリーズ第15弾の石川県として、ハントンライスの作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【男子ごはん】ハントンライスのレシピ|石川県のご当地ご飯【12月12日】

Recipe by きなこCourse: 家庭料理Cuisine: 家庭料理Difficulty: 普通
人分

2

人分
準備時間

5

minutes
調理時間

25

minutes
カロリー

800

kcal

男子ごはんのハントンライスのレシピ。

Ingredients

  • タルタルソース
  • ゆで卵 2個

  • マヨネーズ 大さじ3

  • 水にさらした玉ねぎ(みじん切り) 30g

  • ピクルス 小1本

  • 牛乳 大さじ1

  • レモン汁 大さじ1/2

  • 塩 ひとつまみ

  • 黒こしょう 少々

  • ケチャップライス
  • 玉ねぎ 小1/4個(50g)

  • ピーマン 1個

  • ソーセージ 4本

  • ケチャップ 適量

  • 砂糖 小さじ1

  • バター 35g

  • 温かいご飯 400g

  • イタリアンパセリ(みじん切り) 適量

  • 卵 6個

  • 牛乳 大さじ2

  • 塩 適量

  • 黒こしょう 適量

  • 魚のフライ
  • メカジキ 2切れ

  • 塩 小さじ1/3

  • 黒こしょう 適量

  • 卵 1個

  • 薄力粉 大さじ3

  • パン粉(細かめ) 適量

  • 揚げ油 適量

Directions

  • タルタルソースを作る。
    玉ねぎは水に10分さらして水気を切る。
    ピクルスはみじん切りにする。
    ゆで卵をボウルに入れてフォークで潰し、タルタルソースのすべての材料を合わせて混ぜる。
  • 魚のフライを作る。
    メカジキは水気を拭いて2㎝幅に細長く切る。
    両面に塩、黒こしょうを振る。
  • バットに卵と薄力粉を混ぜてバッター液を作り、メカジキをからめ、パン粉をしっかりまぶす。
    170℃に熱した揚げ油で、中火で揚げる。
    衣が固まってきたらたまに返しながらきつね色に揚げる。
  • ケチャップライスを作る。
    ソーセージは5㎜厚さの輪切りにし、玉ねぎはみじん切りにし、ピーマンは5㎜角に切る。
    ケチャップと砂糖を混ぜておく。
  • フライパンを熱してバター15を溶かし、ソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを入れて中火で炒める。
    少ししんなりしたらご飯を加えて広げ、押さえつけるように加熱する。
    塩、黒こしょうを振ってほぐしながらよく炒める。
    全体がパラっと油が回ったらご飯を寄せ、空いたことろに④のケチャップと砂糖を合わせたものを加えて少し加熱する。
    フツフツしてきたら全体を混ぜながら炒め合わせる。
    半分に分け、型に詰めてお皿に取り出す。
  • 1人分ずつ作る。
    ボウルに卵、牛乳、塩、黒こしょうを半量ずつ入れてよく混ぜる。
    フライパンをサッと洗って熱し、バター10gを溶かす。
    卵液を流し入れて強火でよく混ぜながら加熱し、とろとろになってきたら少し焼き固めて火を止める。
    素早くケチャップライスの上にかぶせる。
    もう1人分も同様に作る。
  • ⑥に魚のフライをのせ、ケチャップ、タルタルソースをかける。
    パセリを振って完成。
スポンサーリンク

まとめ

めちゃくちゃおいしそうですね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です