【林修の今でしょ講座】呼吸筋ストレッチ|10カウント呼吸法のやり方|秋野暢子【12月8日】

からだの中に風が吹く! 10カウントブレスヨガ

12月8日の林修の今でしょ!講座では、秋野暢子の呼吸筋ストレッチとして10カウントブレスヨガのやり方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

鼻呼吸と口呼吸の違い

鼻呼吸はお腹まで広がるのですが、口呼吸は胸までしか広がらずに、10~20%ほど呼吸が浅くなると言われています。

呼吸が浅くなるとウイルス感染の危険性が高まります。

呼吸筋ストレッチを行うことで、鼻呼吸を身につけることにも役立ちます。

 

呼吸筋ストレッチ

鼻から4秒息を吸い、口から6秒息を吐くのが基本の呼吸法です。

 

肩のストレッチ

①鼻からゆっくり4秒息を吸いながら肩を上げていく。

 

②口から息を6秒かけてゆっくり吐きながら、肩を後ろに回して下ろす。

スポンサーリンク

吸う筋肉

首のストレッチ

①両脚を肩幅に開いてまっすぐ立つ。

小指が平行になるように立つ。

 

②鼻から息を吸いながら首を右に向ける。

 

③口から6秒息を吐きながら元に戻る。

肩を動かさずに首だけを動かす。

 

④反対側も同様に行う。

 

左右均等に1日4~5回行う。

 

胸のストレッチ

①両手を胸に置く。

鼻から4秒かけて、鼻から息を吸い顎を上げる。

 

②口から6秒かけて息を吐き、元に戻す。

 

背中・胸のストレッチ

①膝を軽く曲げて胸の前で両手を組む。

鼻から息をゆっくり吸いながら、背中を丸め、腕を前に伸ばす。

 

②口から息をゆっくり6秒かけて吐きながら、元の姿勢に戻す。

スポンサーリンク

吐く筋肉

体幹のストレッチ

①肩幅に脚を広げて立つ。

頭の後ろで手を組む。

 

②鼻から4秒かけて息を吸いこむ。

 

③口から6秒 息を吐きながら手の甲を上に向けあげる。

シューッと言いながら吐くのが効果的。

 

胸壁のストレッチ

①両手をうしろで組む。

 

②鼻から4秒 息を吸いこむ。

 

③口から6秒息を吐きながら、両手をうしろに伸ばす。

 

ストレッチが苦手な人へ

①立ったまま前屈をする。

 

②お尻から膝の裏まで10回さする。

筋肉を刺激することで前屈がよりできるようになります。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です