【きょうの料理】いちご大福のレシピ|金塚晴子【3月24日】

3月24日のきょうの料理では、金塚晴子さんが、イチゴ大福の作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【きょうの料理】いちご大福のレシピ|金塚晴子【3月24日】

Recipe by きなこCourse: テレビ
Servings

2

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

30

minutes
Calories

140

kcal

きょうの料理のいちご大福のレシピ。

Ingredients

  • あずき粒あん 150g(1個分は30g)

  • いちご 5個

  • 白玉粉 20g

  • もち粉 50g

  • 砂糖(振っておく) 5g

  • 片栗粉 適量

Directions

  • 粒あんは5等分にして丸め、手のひらで丸く広げる。
    いちごを1個ずつのせて包み、丸める。
  • 耐熱ボウルに白玉粉を入れて水40mlを少しずつ加え、その都度ゴムベラでダマがなくようによく溶かす。
  • さらに水70mlを加えてよく混ぜたら、もち粉を加えて泡だて器でダマがなくなるように溶かす。
    砂糖も加えてさらに混ぜる。
  • ラップをせずに600Wの電子レンジで1分加熱し、木べらでよく混ぜる。
    まだ生地がまとまらなくてもOK。
  • 再び600Wの電子レンジで1分加熱してよく混ぜる。
    これをもう1度繰り返して、柔らかくてコシのある餅状にする。
  • 片栗粉を敷いたバットに⑤を取り出し、表面に片栗粉を薄くまぶす。
  • 生地を手で5等分にして、手のひらで平たくし、ハケで内側になる面の粉をはらう。
  • ①のいちごの先端を上に向けて持ち、⑦の生地を上からかぶせる。
  • かぶせたほうの人差し指と親指で作った輪で、しごくようにあん玉に沿わせ、生地を伸ばしながら包む。
  • 生地の周りに片栗粉を適量まぶして上下を返し、生地をつまんで口を閉じる。
  • 両手に片栗粉を薄くまぶし、閉じ目を下にして手のひらで転がしながら丸く整えれば完成。
スポンサーリンク

まとめ

ぜひ試してみたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です