【マツコの知らない世界】お取り寄せ駅弁|今治駅の鯛めし|あじ寿司|純系名古屋コーチンとりめし【7月20日】

7月20日のマツコの知らない世界では、マツコの知らない冷凍チルドピザの世界として、お取り寄せ駅弁の世界で絶品の駅弁を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

二葉「鯛めし弁当」(愛媛県今治駅)

急流の中で育った大ぶりのの真鯛を丸ごとオーブンで焼いてほぐした身が入った鯛めし。

作っているお母さんたちもよその鯛めしは食べないというくらい、素材にこだわっています。

付け合わせの奈良漬けも絶品。

 

舞寿し「武士のあじ弁当」(静岡県修繕寺駅)

日経プラス1の専門家が選ぶ駅弁です。

駿河湾で育ったあじをに塩をつけて一晩寝かせ、さらに酢でしめてさらに一晩寝かせます。

小骨もしっかりと取ったあじが入ったお弁当。

お米が届いて自分で作るお弁当です。

 

日本橋 玉ゐ「あったか特選玉ゐ箱」(東京駅)

煮込むととろけるような味わいのあなごを職人が1匹1匹さばき、秘伝のタレでじっくりと煮込み、ふんわりとした仕上がりに。

濃厚なツメをつけてこんがりと焼いた一品です。

あなご以外にもだし巻き卵なども絶品。

八重洲北口のプレシャスデリ東京で週末しか販売しない超限定品。

スポンサーリンク

純系名古屋コーチンとりめし

かしわめしのライバルとして登場した名古屋コーチンのとりめし。

名古屋コーチンのエキスで炊き上げたごはんはもち米を混ぜこんだおこわ風。

名古屋名物になる本物の味わい。

 

アベ鳥取堂「鳥取の宴」(鳥取駅)

お酒がすすむ、鳥取駅の駅弁の鳥取の宴が紹介されました。

とうふちくわ、あごちくわ、イカの白子、ハタハタの押し寿司、スルメイカの麹漬けなどが、少しずついろいろな種類が入っています。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です