【サタプラ】小林まさみ・小林まさるのヘビロテ ランキング|嫁と義父の料理研究家|サタデープラス【10月30日】

まさみ、まさるのエコうま!乾物レシピ (レタスクラブMOOK)

10月30日放送のサタプラことサタデープラスでは、嫁と義父の料理研究家の小林まさみさんと小林まさるさんのヘビロテアイテムとして、を教えてくれました。

スポンサーリンク

第6位:マルドンシーソルト

イギリス王室も御用達のシーソルト。

200年以上の伝統的製法で作られた塩です。

塩の結晶も美しく、お肉に添えても。

 

第5位:横口レードル(MARUTAMA)

プロの料理人にも愛用者が多い、MARUTAMAの横口レードル。

20㏄と70㏄を所持しており、特にお気に入りは20㏄サイズ。

煮魚の煮汁をかけながら煮るときに便利。

 

第4位:まさる漬け

小林まさるさんがプロデュースしているまさる漬け。

撮影現場のスタッフさんたちにも評判で商品化されました。

スポンサーリンク

第3位:フライングソーサー 深型フライパン

一生物のフライパンです。

フッ素樹脂加工の中華鍋で熱で同率がよく、炒め物におすすめ。

側面も熱くなるので、均一に炒めることができます。

フッ素樹脂がはげたら、12,100円でフッ素をかけなおしてもらえます。

 

第2位:焼き芋しるく(鹿吉)

シルクスイートという品種のさつまいもを蔵で糖化を促進したものを焼き芋にしています。

他の焼き芋と差が歴然。

 

第1位:羅臼昆布「奥井海生堂」

明治4年創業の昆布の老舗の羅臼昆布。

色々な産地のものを使っても、こちらに戻るという絶品の昆布。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です