【世界一受けたい授業】太る人と痩せる人の日常生活の違い|いただきますを言わない|せかじゅ【1月22日】

「いただきます」を言わない人が太るワケ―――スゴ腕女医の「やせる」極意 (知的生きかた文庫)

1月22日の世界一受けたい授業では、いただきますを言わない人が太るワケから太る人と痩せる人の11の違いを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

①照明を消して寝る人は痩せる

明かりをつけて寝る人は、睡眠の質が悪くなります。

脳が危機的な状況と勘違いし、エネルギーをため込むようになってしまいます。

朝起きたらカーテンを開けることで、BMAL1を減らして痩せやすくなります。

 

②足を組んでイスに座る人は太る

脚を組む人は骨盤周りの筋肉が衰えて、便秘につながり太りやすくなります。

姿勢も悪くなり、筋肉をうまく使えなくなり、それも太る原因です。

 

③部屋が汚い人は太る

家の中をきれいにすると気持ちにメリハリが生まれて、緊張感がダイエットを後押しします。

家事をするだけでもカロリーは十分消費できます。

掃除機だけでもランニングの半分くらいの運動量があります。

家事をしながらのながら運動もおすすめ。

 

④鏡で自分の全身を見る人は痩せる

鏡で太っている部分やどれくらい痩せるべきかを見るので痩せやすくなります。

ダイエット効果が分かってモチベーションにもつながります。

 

⑤食事は小皿に盛る方が痩せる

大皿に盛り付けると残したくないとお腹は満たされているのについ食べ過ぎてしまいます。

小皿に盛ると食べる量が減ります。

さらに見た目もボリューム満点に見えるので、脳が錯覚してくれます。

 

⑥食リポする人は痩せる

食リポをすることで食べるペースが落ちるので食べる量が減ります。

また、一口食べるごとにお箸をおくのも効果的です。

スポンサーリンク

⑦食後スーパーに行く人は痩せる

食後30分~1時間の時に運動をすると糖が消費されるので脂肪がつきにくくなります。

さらに無駄なものを買わなくなるので、食べる量も減ります。

 

⑧だしを使う人は痩せる

味を感じる器官の舌が弱っていると食べすぎになってしまいます。

だしで味覚をリセットすることで、食べたときの満足感が得られます。

また、舌ブラシで舌を磨くのもおすすめ。

 

⑨好きなものをかさ増しする人は痩せる

力時の量を減らすダイエットは脂肪よりも筋肉を分解してエネルギーを得てしまいます。

低カロリーな食材でかさ増しすることで、満足度がアップしておすすめ。

カレーにすりおろしれんこんを入れるとルーの代わりにもなって満足感が得られます。

 

⑩3食きっちりと食べる方が痩せる

前日食べすぎたからといってご飯を抜くよりも3食きっちりと食べた方が痩せます。

食事の間が空いたほうが次の食事後の血糖値が上がりやすくなります。

3食きっちりと量は少な目で食べるのがおすすめ。

 

⑪夜中にコップ1杯の水を飲む人は痩せる

夜、お腹が減った時は食べるのではなく、一度水を飲んで空腹と向き合うのが大切。

それでも我慢できない時は、シュガーレスのガムやスルメを食べるのがおすすめ。

また、食前にコップ2杯の水を飲むことで痩せるという研究結果も出ています。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です