【世界一受けたい授業】DIY発酵食品のレシピ・まとめ|せかじゅ【9月4日】

9月4日の世界一受けたい授業では、DIYの手作り発酵食品の作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品のレシピ・まとめ|せかじゅ【9月4日】

Recipe by きなこCourse: テレビ
Servings

2

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

15

minutes
Calories

300

kcal

せかじゅのDIY発酵食品のレシピです。

Ingredients

  • 甘酒
  • 米麹 200g

  • 水 240㏄

  • 発酵あんこ
  • 小豆 100g

  • 米麹 100g

  • 水 300㏄

  • 水キムチ
  • 米のとぎ汁 500ml

  • しょうが 1/2片

  • にんじん 1/2本

  • きゅうり 1本

  • 白菜 1/4個

  • 塩 小さじ3

  • 砂糖 小さじ1

  • 発酵玉ねぎ
  • 玉ねぎ 400g

  • 水 100ml

  • 塩 12g

  • ピスタチオ味噌
  • ピスタチオ(薄皮をむいたもの) 300g

  • 米麹 400g

  • 塩 150g

Directions

  • 甘酒
  • 米麹と水を鍋に入れ、弱火にかけて65℃まで温める。
    70℃以上にならないように注意!
  • 65℃になったら魔法瓶にいれてふたをする。
  • 9時間待てば甘酒の素が完成。
    お好みで2~3倍に薄めていただく。
  • 発酵あんこ
  • 小豆を3倍の水と一緒に鍋に入れて弱火で約1時間煮る。
  • 小豆が指で簡単につぶれるくらい柔らかくなったら火を止める。
  • 65℃まで冷まして、米麹を加えて混ぜる。
    70℃以上で混ぜないように注意!
  • 魔法瓶に入れてふたをして8時間待てば完成。
  • 水キムチ
  • 火を使わずに使用するので、食材はしっかりと水で洗う。
    りんごは皮をむかない。
  • 米のとぎ汁、塩、砂糖を鍋に入れて沸騰直前まで温める。
  • 常温に冷まし、りんご、しょうがのスライスを入れて少しおいておく。
  • 白菜、にんじん、きゅうりに塩を混ぜ、10分揉みこみ水分を出す。
  • 水気を絞って容器に入れ、りんごとしょうがをつけたとぎ汁をすべて注ぎ、ふたをする。
  • 直射日光の当たらない場所で、夏は半日、冬は2日間発酵させ、冷蔵庫でさらに3日発酵させれば完成。
  • 発酵玉ねぎ
  • 玉ねぎを洗ってみじん切りにする。
  • ジッパーバッグに玉ねぎと塩を入れて揉む。
  • 水を入れて空気を抜き、口を閉じる。
  • 直射日光が当たらない場所で夏は1日、冬は6日発酵させる。
    汁が白くなって、辛味が抜けて酸味が出ていたら完成。
  • ピスタチオ味噌
  • 薄皮をむいたピスタチオを水に半日つける。
  • 鍋で3時間ほど煮て、ざるに上げてしっかりとつぶす。
  • 米麹、塩を加えて混ぜ合わせる。
  • 空気が入らないようにジッパーバッグにしっかりと詰めて、重しをのせる。
    直射日光が当たらない場所で2か月間発酵させて完成。
スポンサーリンク

まとめ

ぜひ試してみたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です