【男子ごはん】エビフライのレシピ|昭和の洋食屋さん【10月10日】

10月10日の男子ごはんでは、昭和の洋食屋さん第8弾として、エビフライの作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【男子ごはん】エビフライのレシピ|昭和の洋食屋さん【10月10日】

Recipe by きなこCourse: 家庭料理Cuisine: 家庭料理Difficulty: 普通
人分

2

人分
準備時間

5

minutes
調理時間

25

minutes
カロリー

500

kcal

男子ごはんのエビフライのレシピ。

Ingredients

  • エビ 特大6尾

  • パン粉(細かめ) 適量

  • 生パン粉 適量

  • 薄力粉 大さじ4~5

  • 卵 1個

  • 水 大さじ2

  • 塩 小さじ1/4

  • 黒こしょう 適量

  • 揚げ油 適量

  • 付け合わせ
  • キャベツ(千切り) 適量

  • トマト 適量

  • レモン 適量

  • タルタルソース
  • ゆで卵 2個

  • マヨネーズ 大さじ4

  • 玉ねぎ 1/2個(100g)

  • ピクルス 小4本または中1本

  • フレンチマスタード 小さじ2

  • 白ワインビネガー 大さじ1/2

  • 塩 小さじ1/3

Directions

  • エビは殻をむく。
  • 背ワタを竹串で除き、水洗いし、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭く。
  • エビの背中に3~4か所切込みを入れる。
    腹にも背中と互い違いになるように同じく3~4か所切込みを入れる。
  • エビを真っすぐに成型する。
  • 塩小さじ1/4、黒こしょう適量で下味をつける。
  • 薄力粉と卵でバッター液をつくり、エビにバッター液をまとわせ、生パン粉をまぶす。
    エビを大きく見せる場合は、バッター液をつけたのち、細かいパン粉をまぶし、もう1度バッター液をつけて、生パン粉をまぶす。
  • 170℃に熱した揚げ油に入れてカラッと揚げる。
  • お皿にトマト、キャベツの千切りをのせ、カラッと揚がったエビフライをのせて完成。
  • タルタルソース
  • 玉ねぎはみじん切りにし、水に15分さらす。
  • ピクルスはみじん切りにする。
  • ピクルスにゆで卵と水気を切った玉ねぎを加える。
    ゆで卵を潰す。
  • マヨネーズ、フレンチマスタード、白ワインビネガー、塩を加えて混ぜ合わせれば完成。
スポンサーリンク

まとめ

めちゃくちゃおいしそうですね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です