【下ろすだけダイエット】土曜は何する|土なに|石村友見のお腹・二の腕・お尻・背中・太もものダイエット|予約の取れない10分ティーチャー【7月10日】

DROP MOTION 下ろすだけダイエット

7月10日の土曜はナニするでは、予約の取れない10分ティーチャーで、下ろすだけダイエットを教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

下ろすだけダイエット

筋肉を伸ばして下ろす動きは「エキセントリック・トレーニング」と呼ばれる動きで、ゆっくりと動かすことで、筋肉を上げて縮める動きよりもトレーニング効果が高いです。

5つの下ろす動きを1回行うだけで、ダイエット効果が期待できます。

 

腹筋ドロップのやり方

①仰向けに寝て、両肘を背中の下に、手はお尻の下に入れる。

 

②両脚をそろえて上にあげて、ゆっくりと30秒かけて下ろす。

30秒を超えてもOK。きつい方は無理のない範囲で。

 

③手のひらで床を押すと肩が開き、首や肩に余計な力が入らずに腹筋だけに効きます。

下ろすときに腰が反ったり、アゴが上がるのはNG。

スポンサーリンク

二の腕ドロップのやり方

①四つんばいになり、肩の下に手首・腰の付け根の下に膝を置く。

 

②両肘を曲げながらゆっくりと上半身を下ろす。(目標は20秒)

 

③おへそを引き上げて行うと二の腕痩せにより効果的。

肘を開いて行うと、肩こり・首が太くなる原因となるのでNG。

 

お尻ドロップのやり方

①両足を腰幅に広げて手は頭の後ろで組み、足のつま先を上げる。

 

②背筋を伸ばしたまま、お尻を引いて、ゆっくり腰を下ろす。(目標は30秒)

お腹と膝が当たるくらいまで。

 

③お尻を後ろに引くとかかと重心になり、お尻をピンポイントに鍛えられます。

ひざがつま先よりも前に出ると太ももに負担がかかるのでNG。

またアゴを引きすぎるのも猫背になるのでNG。

スポンサーリンク

背中ドロップのやり方

①正座し、ひざを開き、両腕を斜め下に広げ、親指を立てる。

 

②アゴを少し上げ、背中を伸ばしたまま、上半身をゆっくりと前に倒す。(目標は20秒)

息を吐きながらゆっくりと、顔が床につくギリギリまで。

 

③両手の親指を上に向け、胸を開くことで、背中をピンポイントに鍛えられる。

猫背や巻き肩になるのはNG。

 

太ももドロップのやり方

①つま先を立てて膝立ち、両腕を伸ばして手を組む。

 

②背筋を伸ばして後ろに倒れる。(目標は20秒)

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です