【ダウンタウンDX】顔面心理学(相貌心理学)の診断結果・見方【5月6日】

人は顔を見れば99%わかる: フランス発・相貌心理学入門 (河出新書)

5月6日のダウンタウンDXでは、顔面で診断する相貌心理学を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

相貌心理学とは?

フランスではメジャーな心理学。

ビジネスや教育の場でも広く活用されています。

1億人の顔分析データをもとに、性格やパーソナリティを顔だけで診断する心理学です。

 

おでこの傾斜

高橋克実さんや松本人志さんのようにおでこに傾斜がある人は、思考速度を表し、傾斜のある人ほど頭の回転が速い。

 

鼻の上のしわ

鼻の上の横しわがある人は頑固な人。

 

まぶた

肉付きがしっかりとしたまぶたはフォーカス機能がとても優れている。

美しいものを選び取ることができ、美意識の高さを表している。

 

輪郭の横幅

輪郭の横幅がどっしりしている人は寂しがり屋。

家族や集団を好む。

あごが出ている人は野心家で実現力がある人。

 

鼻筋の細さ

鼻筋の細さは友好関係の深さを表す。

鼻筋が細い人は友好関係が狭く深い。

 

輪郭線の細さ

輪郭が細い人は体力の少なさを表す。

スポンサーリンク

目の大きさ

目がぱっちりした人は、好奇心が旺盛。

 

鼻の穴

鼻の穴は情報の出口、鼻の穴が見えづらい人は秘密主義。

 

耳の前後の比率

耳の前後の比率が1:1の大人は純粋無垢な想像力。

芸術家や音楽家に多い。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です