【ガッテン】逆トレのやり方|逆トレーニング|エキセントリックトレーニング【7月7日】

7月7日のガッテンでは、筋力★血圧★中性脂肪 日常の「逆」にひそむ驚き健康パワーとして、逆トレーニングを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

逆トレーニングとは?

逆トレーニングとは、逆の動きをゆっくりと行うトレーニングです。

立ち上がるのが困難な方は、ゆっくりと座るトレーニングを続けることで筋力アップが期待できます。

 

ダンベル運動の場合、ゆっくりとおろしていくと、力を入れて硬くなった筋肉が伸ばされていきます。

縮もうとする筋肉が伸びることで、より効果的にトレーニングができます。

 

逆トレ

 

椅子すわり

①椅子の前に立つ。

 

②5秒程度かけて、ゆっくりと椅子に座っていく。

お尻が座面にしっかりとつくまで力を抜かないのがポイント。

初めての人は、クッションなどで座面を高くしてもOK。

スポンサーリンク

階段下り

①太ももの筋肉がかたく力が入るように、ゆっくりと階段を下りる。

 

②1段1秒くらいの速さで降りるようにする。

前に出した足を少し沈めるのを意識すると、太ももの筋肉がより伸びて効果的。

転倒しないように、無理せずに手すりなどを使用してください。

 

懸垂

①踏み台を使って、懸垂の降りる練習をする。

 

②ゆっくりと力を入れて降りるだけで、普通の懸垂はしなくてOK。

 

体の一部が動かない場合の筋トレ

左手をけがして、固定していたとしても、右腕の筋トレを行うことで筋肉量がアップしたそうです。

そのため、体のどこか一部でも筋トレを行うことで、筋肉量を減らさないことが期待できます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です