【ゲンキの時間】変形性股関節症改善「フラダンス体操」のやり方【6月6日】

股関節痛 最新・最強自力克服大全(変形性股関節症 大腿骨頭壊死 臼蓋形成不全 3分で効く) (わかさ夢MOOK 115)

6月6日のゲンキの時間では、のやり方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

変形性股関節症

股関節の軟骨がすり減り、骨同士が当たり、痛みが生じる病気。

立ち上がりや歩きだしに痛みが生じるのが特徴。

骨盤と大腿骨のはまりが浅い人がおり、変形性股関節症の原因となることがあります。

 

フラダンス体操

変形性股関節症の人は股関節が凝り固まり、滑液が出にくくなります。

しかし、フラダンス体操で滑液が出ると股関節が滑らかになり、痛みが軽減する可能性があります。

スポンサーリンク

やり方

①肩幅に両足を広げて両手を腰に当てる。

 

②ひざを曲げて前傾姿勢にして、骨盤をゆっくり20回回す。

 

③腰の外側が脚の位置より外になるように大きく回すのがポイント。

反対側も20回まわし、1日3セット行う。

 

まとめ

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です