【きょうの料理】いかの塩辛のレシピ|島津修【10月12日】

10月12日のきょうの料理では、島津修さんが、いかの塩辛の作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【きょうの料理】いかの塩辛のレシピ【10月12日】

Recipe by きなこCourse: テレビ
Servings

2

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

30

minutes
Calories

90

kcal

きょうの料理のいかの塩辛のレシピ。

Ingredients

  • するめいか(鮮度のよいもの) 1杯(約300g)

  • 塩 適量

  • 酒 適量

Directions

  • いかは胴と足がつながっている部分を外し、ワタごと足をゆっくり引き抜く。
    ワタから墨袋を潰さないように除き、肝以外の部分を切り落とす。
  • 目の少し上にある漏斗から足を切り離す。
  • 胴とエンペラの間の穴に指を入れてエンペラをはがし、胴から頭側の固い部分を切り落とす。
    胴の中の軟骨に沿って1枚に切り開き、軟骨を除く。
    紙タオルで皮を引っ張ってはがし、足側のかたい端を切り落とす。
  • 網付きのバットに胴をのせ、ラップをせずに冷蔵庫で1~2日おき、一夜干しくらいの干し加減まで乾かす。
  • ジッパー付きの保存袋に塩をたっぷりと底が隠れるくらいまで入れ、肝をのせる。
    さらに肝が完全に隠れるまで塩をたっぷり加える。
    ④のいかの胴を乾かす間、冷蔵庫に置く。
  • 酒適量を入れたバットに肝を取り出し、塩を洗い流して汁気を拭く。
    薄皮に切り目を入れ、包丁の背で中身をしごきだす。
  • 胴は長さを半分に切り、繊維と垂直に4~5㎜幅に切ってボウルに入れる。
    ⑥の肝を加え、よく和える。
    肝に残った筋があれば除く。
    冷凍用保存袋2枚に小分けして平らにする。
    冷蔵庫で1日寝かせてから、冷凍庫で1日以上冷凍する。
    自然解凍して食べる。
スポンサーリンク

まとめ

ぜひ試してみたいと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です