【きょうの料理】あじの押し寿司のレシピ|神田裕行【7月13日】

7月13日のきょうの料理では、神田裕行さんが、鯵の押し寿司の作り方を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

【きょうの料理】あじの押し寿司のレシピ|神田裕行【7月13日】

Recipe by きなこCourse: テレビ
Servings

2

servings
Prep time

5

minutes
Cooking time

40

minutes
Calories

380

kcal

きょうの料理のあじの押し寿司のレシピ。

Ingredients

  • あじ(刺身用/三枚におろしたもの) 1匹分(55~70g)

  • すだちの搾り汁 適量

  • 白板昆布の甘酢煮
  • 白板昆布(23㎝長さ) 5枚

  • 水 カップ1

  • 酢 カップ1/4

  • 砂糖 カップ1/4

  • すし飯
  • ごはん(温かいもの) 150g

  • 白ごま 小さじ1

  • すだちの搾り汁 小さじ1

  • 【A】
  • 米酢 大さじ1弱

  • 三温糖 大さじ1/2

  • 粗塩 小さじ1/2

  • ----
  • 姫きゅうり 1本

  • 青じそ 2枚

  • 焼き海苔(14×1㎝) 1枚

  • 木の芽 15~16枚

  • すだち(半分に切る) 適量

  • 塩 適量

Directions

  • 三枚におろしたあじはバットに入れて両面に塩小さじ1/4を振り、冷蔵庫で2時間おく。
    水気を拭いて、あじが浸るくらいまですだちの搾り汁を注いで10分おく。
  • 白板昆布の甘酢煮を作る。
    鍋に白板昆布と水、酢、砂糖を入れて中火にかける。
    煮立ったら弱火で20分ほど煮る。
  • 姫きゅうりは塩少々を振って板ずりし、熱湯でサッと茹で冷水に取り、水気を拭く。
    1/2程度の深さまで全体に斜めに細かく切り目を入れ、裏返して同様に切り目を入れて蛇腹切りにし、両端を落とす。
    青じそは縦に1㎝幅に切る。
  • すし飯を作る。
    【A】を混ぜ合わせ、粗塩、三温糖を溶かす。
    ご飯に加え、しゃもじで切るように混ぜる。
    白ごま、すだちの搾り汁を加えて切るように混ぜ、人肌程度に冷ます。
  • あじの汁気を拭き、頭の方から皮をひく。
    皮側を下にして1枚をバッテラの型の底に敷き、均等な厚さになるように、残り1枚は適宜切って隙間に敷き詰める。
  • 型にすし飯の2/3量ほどを入れ、平らにならす。
    中央を少しくぼませて青じそを敷き、姫きゅうりを軽く押し込む。
  • 姫きゅうりの上に細長く切った焼き海苔をのせる。
    残りのすし飯をのせて平らにならす。
  • ふたをして力が均等にかかるように両手で押す。
  • 型から出し、裏返してあじを上にして置き、木の芽をのせる。
    白板昆布の甘酢煮の汁気を切って1枚のせる。
    食べやすく切って、すだちを添えて完成。
スポンサーリンク

まとめ

ぜひ試してみたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です