【ラヴィット】久世福商店のご飯のお供1番おいしいランキング|ベスト10【4月22日】

【久世福商店】久世福おかず三昧まとめ買い(食べるすき焼き・食べるだし醤油・万能だしかつお味噌入り)【のし・ラッピング・化粧箱詰め不可】

4月22日の麒麟川島さんがMCのラヴィットでは、を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

第10位:食べる、だし醤油

去年だけで20万個売れた大ヒット商品。

国産大豆と米麹を特製生醤油だれに2か月漬け込み熟成させた一品。

さらに花かつおで旨味アップ。

 

第9位:酒粕に4回漬け替えた奈良漬け 瓜

1年以上かけて酒粕を4回漬け替えた奈良漬け。

漬け替えることで塩が抜け、酒粕の風味がしっかりとつきます。

 

第8位:久世福の黒豚味噌

強い甘味と豊かな香りの麦みそと本場の黒豚を合わせた肉味噌。

黒豚の脂の甘味と味噌の甘味と塩分がちょうどよい一品。

 

第7位:ゴロゴロほぐし焼きほっけ

塩こうじに漬け込んで焼き上げた、しまほっけを大きめのほぐし身にした一品。

ほっけの旨味を存分に味わえます。

 

第6位:秋田で燻されたいぶりがっこタルタル

秋田の本場のいぶりがっこで作ったタルタルソース。

燻製の香りが際立ち、ごはんによく合います。

 

第5位:ねばねば昆布 白菜キムチ

北海道のねばねば昆布と白菜キムチを合わせた一品。

昆布の粘り気と旨味がキムチの甘辛さとあいまって、ご飯がすすみます。

 

第4位:混ぜご飯の素 エリンギバター醤油

長野産の生エリンギを使用したバター醤油の一品。

アツアツのご飯にのせるのがおすすめ。

 

第3位:大人のしゃけしゃけめんたい

年間40万個売り上げるナンバー1商品。

鮭フレークと辛子明太子でご飯との相性抜群。

 

第2位:とうがらしの佃煮

赤唐辛子と青唐辛子を佃煮にしたほど良い辛さの一品。

一流料理人も大絶賛。

 

第1位:野沢菜の油炒め

国産の野沢菜をごま油で炒め、七味唐辛子などで味を調えた一品。

ご飯との相性抜群。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です