【マツコの知らない世界】芋けんぴのお取り寄せ・通販・おすすめ【9月7日】

徳島県物産館 なると金時芋けんぴ 385

9月7日のマツコの知らない世界では、鈴木絢子さんが、マツコの知らない芋けんぴの世界として、おすすめの芋けんぴを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

川越けんぴ プレーン(菓匠右門)

刀のような芋けんぴ。

長いもので15㎝もあります。

 

紅いもカリカリ 琉球黒糖

紅いもを芋けんぴにした一品。

黒糖味で味にも特徴があります。

 

紅いもカリカリ ハニーバター

紅いもの芋けんぴのハニーバターバージョン。

 

水車亭 塩けんぴ

南国製菓さんは多くの芋けんぴを製造する業界大手。

2005年に発売になった塩けんぴ。

芋は小金千貫をいう芋焼酎とかに使われる芋を使用し、細めの5㎜角にカット。

香りのよいコーン油でじっくりと揚げ、塩を加えた光に絡めた一品。

スポンサーリンク

芋屋金次郎「特撰芋けんぴ」(高知県)

サクサク系の食感の芋けんぴ。

軽い食感でサクサクと食べられるのが特徴。

黄金千貫をこめ油と菜種油のミックス油で三度揚げで作られます。

 

寝た芋本舗「芋けんぴ 甘味」(千葉県)

やみつきのカリゴリ系の芋けんぴ。

さつまいも農家さんが作られている芋けんぴで、紅あずまを使用。

低温倉庫で最低1か月寝かせることで、甘みを引き出しています。

甘く焦げやすいので低温でじっくりと揚げて、芋自体が甘いので蜜は少な目なのが特徴。

 

神戸いもや「なると金時スティック ソフト仕上げ」

なると金時のカリカリ系の芋けんぴ。

 

加藤けんぴ店「芋けんぴ 紅はるか」

紅はるかの芋けんぴ。

鬼ゴリ系の硬い芋けんぴ。

 

蜜香屋「中崎POTATO」(大阪府)

大阪のさつまいものお店のスライス型の芋けんぴ。

 

蜜香屋 TISOU「ニューケンピ缶入り(ハイカラ)」(大阪府)

スティックタイプの芋けんぴ。

 

覚王山「吉芋 吉芋花火」

究極の新食感の半生の芋けんぴが紹介されました。

紅あずまを使用し、4㎜の極細にカット。

菜種油でカリッと中まで揚げたのち、秘伝の蜜につける。

一般的な蜜に比べて水分量が多く、芋の中にしみ込んで、半生の食感になります。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です