【サタプラ】フードプロセッサー|試してランキング|サタデープラス|清水麻椰【8月28日】

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンフードプロセッサー ステンレス製カップ 液体対応 コードリールブラック SKF-H100K

8月28日放送のサタプラことサタデープラスでは、清水麻椰アナが試してランキングとして、フードプロセッサーのランキングベスト5を教えてくれました。

 

スポンサーリンク

第5位:フードプロセッサー SKU-A100(タイガー魔法瓶)

随一の静音性が特徴。

使用時の音が従来品よりも40%も小さくなっています。

朝に使ったり、マンションなどの騒音が気になる人におすすめ。

 

第4位:ミニプロ ルビーレッド プラス(T-fal)

総合力の高さで4位にランクイン。

刻み、混ぜ、つぶし、泡立て、おろし、スライス、千切りのアタッチメントを使うことで、1台7役。

350Wの高いパワーで素早く調理ができます。

 

第3位:フードプロセッサー MK-81(Panasonic)

最大の特徴は機能性の高さ。

大根は2段階にできたり、パン生地をこねたりと1台8役の機能があります。

スポンサーリンク

第2位:マスターカット YE-MM41R(山本電気)

電気アシスト自転車のモーターを製造する会社が作っているフードプロセッサー。

刻むだけでなく、ハンバーグのタネに粘りがでる、力強い捏ねができます。

 

第1位:デロンギ クアッドブレード ミニフードプロセッサー DCP250(デロンギ)

上下2段階につく4枚刃が特徴で、素早く切ることができます。

玉ねぎのみじん切りは2秒、ハンバーグのタネも素早く混ぜることができます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です