【世界一受けたい授業】老化予防サプリ「NMN」のお取り寄せ 老けやすい人と老けにくい人の違い せかじゅ【1月14日】

老化は予防できる、治療できる - テロメアをムダ使いしない生き方 - (ワニプラス)

1月14日の世界一受けたい授業では、老けやすい人と老けにくい人の違いを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

緑色が残るバナナの方が老けにくい

完熟バナナよりも緑色が残るバナナの方が老けにくいです。

若いバナナはレジスタントスターチが多く含まれており、善玉菌のエサとなり腸内環境をよくしてくれます。腸内環境をよくすることで老化を抑えられる可能性が期待されており、さらには美肌効果やストレス解消効果もあるので、老化予防におすすめ。

1日2本を目安に食べるのがおすすめ。

 

蒸し鶏の方がチキンソテーよりも老けにくい

蒸し鶏の方がチキンソテーよりも老けにくいです。

糖とタンパク質が高温で熱せされるとコゲができます。このコゲがAGEsという老化の原因となり、たるみやシワ、動脈硬化の原因となって老化が早まってしまう危険性があります。

焼くや揚げるという調理法はAGEsを作りやすいので、蒸し料理の方が老化という観点ではおすすめです。

 

唐揚げにレモンをかけると老けにくい

唐揚げにレモンをかけるとクエン酸が老化を促進する糖の吸収を抑える効果があります。

揚げる前にレモン汁につけることで、レモン汁につけない時よりも40%のAGEsを減らしてくれる働きが期待できます。

 

老化予防サプリ「NMN」

老化予防サプリとして注目されているのがNMNです。

NMNとは「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質で、体内に取り込まれるとNAD+という物質に変換されます。

このNAD+が長寿遺伝子のサーチュインを活性化してくれ、抗老化作用が働いて、糖尿病や肥満の予防ができると期待されています。

東京大学や大阪大学でNMNの人への臨床試験も行われています。

通販でサプリメントをお取り寄せできます。

スポンサーリンク

寝る直前の飲酒はNG

寝る直前の飲酒はアルコールの作用で眠りが浅くなり、老化につながってしまいます。

飲酒は少なくとも寝る4~5時間前までに終えるようにしましょう。

 

寝る直前の歯磨きはNG

歯茎への刺激は睡眠ホルモンのメラトニン分泌を減らしてしまいます。そのため眠りを妨げてしまいます。

歯磨きは寝る直前ではなく、寝る30分前までに終えるようにしましょう。

メラトニンには活性酸素の量を抑制してくれる作用もあり、老化予防には必須です。

 

歯周病は老化を早める

歯医者に3か月以上行っていない人は要注意。

歯周病は動脈硬化や体全体の硬化を進めてしまうといわれており、歯周病を防ぐのは重要です。

 

老化予防にスパイスカレーがおすすめ

スパイスカレーに多く含まれているターメリック、クミン、コリアンダーが毛細血管を健康に保ってくれ、血流改善に効果があると言われています。

血管の老化は毛細血管から起こると言われており、人の血管の99%は毛細血管でできており、毛細血管が体の隅々まで栄養を運んでくれるので、毛細血管を健康に保つのは重要です。

 

血管にナッツ・運動がおすすめ

1日25gのナッツを食べるのが血管におすすめ。

アーモンドだと25粒程度、くるみだと8粒程度が目安で、アーモンドにはAGEを減らす効果やビタミンEも多く含まれているのでおすすめ。くるみにはポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用が期待できます。

また、運動も血管の健康に重要でジョグウォークがおすすめ。1~2分ほど少し息が上がる程度にジョギングし、20分ウォーキングするというものです。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。