【所JAPAN】佐々木希の鉄鍋(中華鍋)のお取り寄せ・通販|女性でも持てる超軽量|槇塚登|香川県【9月6日】

日々道具 鉄 フライパン 深型 IH対応 30cm 日本製 山田工業所 打ち出し 九十九 ブラック

9月6日の所JAPANでは、佐々木希さんが絶賛する鉄鍋を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

佐々木希の鉄鍋

佐々木希さんが味が劇的に違うと言わしめた鉄鍋が紹介されました。

普通のフライパンだと強火で熱しても50秒かかりましたが、スンゴイ鉄鍋は29秒で煙が出てきました。

これだけ熱伝導率がいいということは、食材を入れて再度熱が上がるまでが早いので、食材に素早く火が入るので美味しくなります。

 

鉄鍋を作ったスンゴイ人「槇塚登」さん

香川県の槇塚登さんの工房で、佐々木希さん愛用の鉄鍋は作られています。

鉄打ち30年の孤高の職人さんです。

鍋、やかん、フライパンディッシュなどの鉄製の食器などを作られています。

中でも鉄鍋は現在3か月待ちです。

 

鉄鍋の値段

鉄鍋は直径18㎝で2万4200円、直径30㎝で3万3000円。

スポンサーリンク

鉄鍋の作り方

直径35㎝、厚さ1.6㎜の鉄板を熱して叩いて作られています。

熱した鉄板を円を描くように中心に向かって打ち、再度1200℃の窯で熱してから、次は外側に向かって打つ。

これを1時間ほど繰り返すことで作られています。

 

薄さは鉄を叩く最中に表面の酸化膜が剥がれていき、それでより薄く作ることができています。

プレス式の機械ではできない、薄くて軽い鉄鍋になっています。

 

何と厚さ0.97㎜に仕上がっており、さらにどこを測ってもほぼ誤差がない均一な仕上がりになっていました。

 

槇塚登さんの鉄鍋のお取り寄せ

槇塚登さんのHPからお取り寄せできます。

スポンサーリンク

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です