【トリセツショー】お尻のたれを改善する方法・やり方|お尻の取扱説明書【6月2日】

6月2日の石原さとみさんがMCで市村正親さんが助っ人エンターテイナーのあしたが変わるトリセツショーでは、お尻の取扱説明書としてを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

お尻のたれの原因①

お尻のたれの原因の1つは大殿筋の衰えがあります。

大殿筋と呼ばれるお尻の筋肉が衰えると、重力によってお尻の脂肪と共に垂れてしまいます。

 

お尻のたれの原因②

お尻のたれの原因は筋肉だけではありません。

実はお尻の土台である骨盤が後ろに傾いているとよくありません。

骨盤が後ろに傾いているとお尻の下側がたるんでしまいます。

さらに骨盤が後傾すると背骨や筋肉に負担がかかり、腰痛や椎間板ヘルニアの原因となります。

さらに猫背にもなりやすく、肩こりの原因にも。

 

骨盤のセルフチェック法

壁に背中を向けて、頭・お尻・かかとをつけて立つ。

 

・手のひらが入る場合はは骨盤が後傾している可能性があります。

骨盤後傾タイプの尻トレがおすすめ。

 

・握りこぶしが入る場合は骨盤が前傾している可能性があります。

骨盤前傾タイプの尻トレがおすすめ。

スポンサーリンク

バックランジ

お尻を鍛えて、骨盤を前傾させるトレーニング。

 

やり方

  1. 片足を下げて、ひざをつく。
  2. 足を戻しながら立ち上がる。

左右20回を朝晩2セット行う。

 

インナーマッスルを鍛える

腸腰筋を鍛えて骨盤を前傾させるトレーニング。

 

やり方

  1. 姿勢よく椅子に座る。
  2. 片足のひざを上げる。
  3. 10秒キープして戻す。

左右10回を朝晩2セット行う。

 

肩甲骨ストレッチ

猫背の方におすすめ。

 

やり方

  1. タオルを両手で引っ張るように持ち、腕を上げる。
  2. 10秒キープして下ろす。
  3. 下ろしたところでも10秒キープする。

10回を朝晩2セット行う。

スポンサーリンク

骨盤前傾タイプの尻トレ

ヒップリフト

お尻を鍛えて、骨盤を後傾させるトレーニング。

 

やり方

  1. 仰向けになり、ひざを立てる。
  2. お尻を持ち上げる。
  3. 3秒キープして戻す。

20回を朝晩2セット行う。

 

腹筋エクササイズ

腹筋を鍛えて骨盤を後傾させるトレーニング。

 

やり方

  1. 仰向けになり、ひざを立てる。
  2. 腰を床に押し付けながら上体を起こす。
  3. お尻を少し持ち上げる。
  4. 5秒キープして元の状態に戻す。

 

お尻のたれを防ぎ認知症を予防する方法

・広い歩幅がお尻と脳を健康に

歩幅を広げるだけでお尻や足、お腹などの筋肉が使われるようになり、脳が活性化されます。

横断歩道の白線を踏まないように歩くくらいが目標の65㎝です。

 

ポイント①:お尻の穴を締める

骨盤が安定し、歩幅が広がりやすい。

 

ポイント②:ヒジを引く

足を前にだしやすくなり歩幅が広がりやすい。

 

これらを意識しながら歩幅65㎝を目指します。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です