【マツコの知らない世界】バタートーストの世界|食パンとバターの組み合わせ|バタートーストの名店【12月15日】

12月15日のマツコの知らない世界では、マツコの知らないバタートーストの世界として、おすすめのバターと食パンの組み合わせを教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

土鍋バタートースト

 

おうちでバタートースト

 

ダブルソフト

ダブルソフトには焼き直後に無塩バター、仕上げの追いバターに発酵バターがおすすめ。

 

超熟

しっとりふわふわ食感の超熟は、軽くキツネ色になるまで焼き、パンに甘みがあるため、無塩バターがおすすめ。

 

本仕込

生地が詰まったもちもち食感の本仕込は、しっかり焼くと表面ザクザク、中もっちり。

コク深い発酵バターとベストマッチ。

 

ロイヤルブレッド

パンにしっかりと味がついているので、軽めに焼いて有塩バターで風味を際立たせる。

 

純喫茶デア(東京・赤羽)

超希少トースターで作る奇跡の湖のバタートーストがいただけるお店です。

定規で測って4.5㎝に切り、よりしみ込むように斜めに3か所切込みを入れ、創業当時からのトースターで焼いた一品。

切り込みに沿ってマーガリンをたっぷりと塗った一品。

スポンサーリンク

コーヒーロード(東京・中野)

柔らかさが特徴の個人店のパンを使用しています。

食感へのこだわりから、目視で確認し強めの焼き付ける。

しっかり焼いた焼き目を落とすことで、サクサク食感を残しつつバターを吸わせることができます。

 

珈琲オンリー(東京・浅草)

湖から流れ落ちる美しい滝のバタートーストです。

創業69年の老舗の喫茶店。

厚さ6㎝で独自の切り込みを入れ、創業当時から同じトースターでこんがりと焼き上げた一品。

 

珈琲家比呂野(愛知県・名古屋市)

創業48年の喫茶店です。

名古屋のモーニングのバタートーストです。

本間製パンを使用しており、4㎝の厚さに切り、熱いうちにたっぷりのバターを塗った一品。

最後はパン切り包丁で縦に切った一品。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク