【シューイチ】世界のミリ知ら飯 春グルメ編|オランダ|ドイツ|インドネシア【4月3日】

4月3日のシューイチでは、世界のミリ知ら飯の春編として、大久保佳代子さん、Aマッソ、納言 薄幸さんが、を教えてくれましたので紹介します。

スポンサーリンク

ライトハウス「ビターバレン」(東京・国分寺駅)

ライトハウスは国分寺駅から徒歩3分、ヨーロッパのパブのような雰囲気のお店。

今回は、オランダミートボールのビターバレンが紹介されました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うつわクウ・芦屋/作家ものの器 SHOP&ギャラリー(@utsuwa_ku)がシェアした投稿

オランダの国民的グルメで、15種類の香辛料と野菜、牛肉が使われています。

 

インゴビンゴ「シュパーゲルクレーメズッペ」(世田谷区 経堂)

経堂駅から徒歩3分のお店のインゴビンゴさんは、ドイツで修業したシェフの酒井さんが腕を振るっているお店です。

本場のソーセージやドイツ定番のパスタのケーゼシュペッツレなどがいただけます。

今回のミリ知ら飯はシュパーゲルクレーメズッペという白アスパラのスープ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おもてのばばあ_gmm(@omote_bba)がシェアした投稿

シュパーゲルという太い白アスパラは、皮むき大会もあるほどのドイツで人気の食材で、シュパーゲルの皮で出汁を取る、白アスパラの旨味をすべて味わえる一品です。

スポンサーリンク

チャベ目黒店「ナシトゥンペン」(東京・目黒)

目黒駅から徒歩4分のインドネシア料理のチャベ目黒店は、インドネシア人のシェフのスタミさんが作る、ミーアヤムやアヤムペニェットなどがいただけるお店です。

今回紹介されたナシトゥンペンは、インドネシアの祝いの時に食べられる料理で、結婚式や入学のお祝いなどでいただく料理。

ナシはご飯のことで、トゥンペンとは、ご飯を円錐状に盛り付けて、その周りにおかずを盛り付けという意味。

ココナッツで炊いたご飯に、ルンダンなどのおかずがのった豪華な料理です。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です