【ZIP】包丁の正しい使い方|キンプリ 平野紫耀【8月31日】

貝印 KAI 三徳包丁 関孫六 ダマスカス 165mm AE5200

8月31日のZIPでは、King&Princeの平野紫耀さんが、正しい包丁の使い方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

正しい包丁の使い方

包丁を使う姿勢がポイント。

まな板に対して真正面に立つのではなく、利き腕側の足を1歩後ろに引き、斜め45度くらいに立つようにする。

包丁は肘を使って動かすようにする。

 

持ち方は中指を包丁の柄の付け根に引っ掛け、親指と人差し指で刃の両側を挟みこむように持つ。

人差し指を柄の上にのせる持ち方でもOK。

 

練習にはこんにゃくを切るのがおすすめ。

肘で動かしてなるべく一太刀で切る。

スポンサーリンク

包丁の部位を使い分ける

これまでの切るのは包丁の刃先を使っており、腹ではにんにくを潰したりするのに使えます。

峰では魚の鱗取りやゴボウの皮剥ぎにも使えます。

刃先を使えばきゅうりの飾り切りもできちゃいます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です